宿のこと、自然のこと、日々のあれこれ.独り言


by garrr
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お漬物

 山からやって来る お尻の赤いコソ泥を気にしながら、柿の皮を干しています。
 「たくあん」を漬けるとき、果物の皮を入れ込むと、風味が増すとか。
 特に、柿の皮は甘みがでるので、とてもイイんだそうです。

 さすが、民宿のカアチャン、「たくあん」まで漬けるんだな! 
 そう思っていただけました?  ごめんなさい、頼まれ物です044.gif

 年寄りの得意な昔話になりますが
 随分前は、姑が冬になると、大樽いっぱいの 沢庵を漬けていました。
 今でも、姑の沢庵漬けは、夢に見るほどです。 絶品でした。
 負けじと 嫁は「白菜漬け」にいそしみました。 薄氷の張るころ食べる「白菜づけ」も、ナカナカの物です。
 
 お客様の食事の後片付けをしながら、時代の流れを思います。
 肉や魚は、残ったことは無いけれど、「漬けもの」が残るようになりました。
 まあ、外国のお客様が殆どだし、日本人だって、食の好みが変わってきたのかもしれません。

 「ゆず」の出回るこの時期、白菜づけに欠かせない香りでしたから、あの頃がチョッと懐かしくなりました。
 
c0044599_22224233.jpg

by garrr | 2013-11-26 22:23 | 旅行 民宿 宿